ブログランキング

  • 広島ブログのランキング 広島ブログ
    1日1回、ありがとうございます

リンク

  • 平塚寝装

    広島の手作り布団の店。 絹布団、綿布団、その他、 一つ一つ丁寧にお作り致します。。。 お手持ちの布団診断も 致しております。。 布団全般、お気軽に お問い合わせください。

« ターミネーターキッズ① | トップページ | 綿布団の打ち替え(続き) »

2006年7月27日

綿布団の打ち替え

綿(布団)の打ち替えってご存知ですか?今では、やってる所を探すのが大変な時代になってきました。

需要は意外と多いんですよ。それだけ、綿や絹のお布団を愛して下さる方が、まだまだおられると言う事なんです。

綿や絹の布団の場合、、ヘタって寝心地が悪くなったり、側生地が傷んだりしたときは、丸洗いとかををするのではなくて(絶対にしないで下さいね)、基本的には仕立て直しをします。この時に中綿をそのままで、表側だけを「とき洗い」したり新しい物に変えたりして仕立て直す「表替え」と、表側は、やはり「とき洗い」をしたり新しくしたりして、中綿を「打ち替え」をして仕立てる、「打ち替え仕立」の2つの方法があります。

「綿の打ち替え」 簡単に言うと、「圧縮された綿をほぐす」と言う事になります。これを機械を使って、ほぐしてやるのです。

この機械にも代表的な物がいくつかあって、「前きり」「両面機」「カード」などでしょうか。「前きり」というのはかなり古い形だと思います。私も実物は見た事がありません。「両面機」は、小型の打綿機の代表かも知れません。「カード」はかなり大型になります。動力も大きく、色々な物が打ち替え出来ます。また、より繊維に近くほぐせるので、綿の仕上がりが綺麗になります。反面、機械が大きいだけに小口で打ち替えが出来にくかったり繊維を細かくするので、痛みやすい欠点もあると思います。

そこで、うちの「打綿機」。「両面機」です。

_0042_4 打綿機は、総じて古い物が多いですねぇ。うちの機械もおじいちゃんの代から使ってる物で、横の刻印は「1950」となっています。昔の機械は、ホントに丈夫です。「油さして使え~」おじいちゃんの言葉を何とか守りつつ、現役で頑張ってもらってます。綿埃も出ますから掃除も大変です。でも壊れたら修理が大変なんです。ここそこにある機械じゃないですからねぇ。

うちの場合、1軒づつ打ち替えては仕立て、と言うパターンが殆どだし、座布団1枚でも打ち替えしたりと、お客様によって注文は様々ですし、綿の状態も様々です。なので、このサイズがいい感じですかね。沢山、打ち替えをする時は、大変なんですけど、頑張ってます。

ちょっと長くなってきたので、「打ち替えの」流れは、明日につづく。

本日のB.G.M

ラヴ・ソングス~ダイアン・ウォーレン・プレゼンツ~ ラヴ・ソングス~ダイアン・ウォーレン・プレゼンツ~

フェイス・ヒル,エアロスミス,セリーヌ・ディオン,トニ・ブラクストン,エリック・クラプトン,スターシップ

広島人のブログへのリンクバナーです。

このブログのランキングになりますので、

よろしければクリックお願いします。

« ターミネーターキッズ① | トップページ | 綿布団の打ち替え(続き) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80318/2812167

この記事へのトラックバック一覧です: 綿布団の打ち替え:

« ターミネーターキッズ① | トップページ | 綿布団の打ち替え(続き) »