ブログランキング

  • 広島ブログのランキング 広島ブログ
    1日1回、ありがとうございます

リンク

  • 平塚寝装

    広島の手作り布団の店。 絹布団、綿布団、その他、 一つ一つ丁寧にお作り致します。。。 お手持ちの布団診断も 致しております。。 布団全般、お気軽に お問い合わせください。

« ベイブレード 小ネタ 5 | トップページ | 2010 SLタマダ 2時間駅伝耐久 »

2010年2月13日

ベイブレード 最強改造・・・?続き

「最強改造・・・?」に続いて

改造については、ホントに個人差が出ると思います。
あくまで我が家の手前味噌な改造パターンを書いて見ますが「最強」という事ではなく、大会に出るならこの辺りなら戦えると考えている物です。
相手やスタジアム、調整の状態によっても変わってきますからね。

とはいえ
そんなに特別な物はないんですよ。
オーソドックスに組む方が安定しているのではないかと思っていて、「持久」「アタック」のスタジアム別の選択肢を上げてみました。
まずは、これを目安に組み合わせて、調整もしっかりやって練習してみてください。

☆持久で戦う場合
 <スタジアム>アタック、スタミナ等の場合
  ウィール : リブラ、アース、バーン、フレイム 
  トラック   : 100、105、125、D125
  ボトム   : S、D、SD、WD、(MS)
   
 <スタジアム>スーパーアタック
  ウィール : リブラ、ロック、アース、バーン 
  トラック   : 105、D125、125
  ボトム   : WB、(D、WD)

☆アタックで戦う場合
 <スタジアム>アタック、スタミナ等の場合
  ウィール : ペガシス、ストーム、ライトニング
  トラック   : 100、105、125、D125
  ボトム   : RF、HF、F

 <スタジアム>スーパーアタック
  ウィール : ペガシス、ストーム、ライトニング、(ロック)
  トラック   : 105、D125、125
  ボトム   : HF、F、SF
ワイドスクエア、エクストリームも同様です。
クリアウィールについては、何でも良いですが、しいて言えば薄い物。
とにかくガタツキが無い事が大切です。こちらの記事
ボトムなどもガタツキが無い物を試合用にしています

近々に発売されているものについては、テストしてない物もありますので選択されていません。

我が家のセレクトでは、トラックが100~125までになります。
以前にも書きましたが、大会で145を使う事はありません。
またギミックの付いた物、羽根の付いたものも使いません(D125は使いますが・・・)。
こちらの記事、とかを参照ください。

各ウィールにはバランスの良い物や悪い物があります。
それによって持っているベイによっては調整が決まる物と決まりにくい物が出てきます。

選択肢の中から自分の持っているウィールでバランスの良い物、調整の決まり良い物を選んで見てください
タイプ内で一つに絞らずに選択肢としているのはその為です。

例えば、「持久のベイ」を組むのにアース、バーン、フレイムを持っていたとすると、自分の好みや外からの意見は気になると思いますが、まずは最もバランスが取れたベイで戦うべきだと思います。
前の記事にもありますが「持久」なら単独持久で最低でも4分以上は回るように調整できる物(できれば5分以上)。
ただし、フレイムは薄くて幅広な分アタックには弱さを見せますので要注意。

ちなみに
次男は持久メインで勝負するタイプ。
なので、勝率の高かった組み合わせは、次男が発案の
「リブラD125S」 でした。
リブラに100,105のトラックにDボトムがメジャーですが、あえてD125Sという組み合わせでした。Dが無くても勝てるんだというのを見せたかったというのもありましたが、この組み合わせの調整が決まりやすかった事も大きい理由です。これが対持久はもちろんアタックと対戦した場合でも意外な強さを見せていました。
ただこれは、調整やシュートによる所も大きいと思うので優勝回数は多いですが「最強」ではありません。
うちの練習でも、優勝したリブラD125Sを倒す組み合わせ(ベイ)は、上記の選択肢からいくらでも出来ています。

しっかり組んで、調整して皆さんのベストなベイを作り上げてください。

バランスの悪いベイでの勝率アップは望めません。

そして、なによりシュート練習です!

スーパーアタックスタジアムについては課題も多いので更に考察してみましょう。
我が家の調整&練習での合言葉「スーパーアタックは音を聞け!」

続く・・・。

ランキングアップupやる気アップupになります。
下のバナーをポチッとお願いします

広島ブログ

« ベイブレード 小ネタ 5 | トップページ | 2010 SLタマダ 2時間駅伝耐久 »

コメント

職人369(パスパス)さん、今晩は。
目から鱗・・・・
という表現は、日本語表記が間違えている。
とても参考になります・・・・
という言葉では、あてはまらない。
とにかく、ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

やはり、大会上位入賞者が使われているものと共通点が多いところからも、流石です。

攻撃型よりも持久型の方が低いというのが驚きです。こちらも試させていただきたいと思います。

我が家では、アース、リブラ、ロックが主力ですが、バーンも候補に入れて考えてみます。
MSやESを使うときは、90も選択肢に入っています。

これから、リブラD125Sに勝る組み合わせが目標の一つになりました。
っと、Sがない・・・・。

とにかく、毎度毎度、教えていただくことばかりで、申し訳ないくらいに思えてきました。
クワガタ飼育なら、ちょっとは知っているのですが・・・・
そうそう、私の開発したシュートを今度blogに載せようと思っています。その時は、また、ご意見を伺えると嬉しいです。
そのためには、動画の制限を何とかするためのPC技術が必要なのですが。

>我楽多さん

コマなんで外周がほぼ同じなら重心が低い方が安定しているかなぁ・・・と。
持久で低くしておいてもメーカーが言う所の上からの攻撃とかはシュート時以外ほぼありません。
逆にウィールより下から当てられてベイが傾く事の方がマズイ気がします。

シュート、楽しみにしています。

我家ではスーパーアタックのときに、あえて「ES」を使うことがあります。

理由は、溝にはまってもスタミナが落ちにくいから・・・

面倒なのでゴム軸つけてアタック勝負してしまうこともありますが・・・・

ESは一度お試しください。

> blank さん

アドバイスありがとうございます。
スーパーアタックに対して
我が家でもESは発売時よりテストは
してるのですが、ガタツキが多い為か、
(ベイの個体差もあるのかも知れませんが)
かなり調整したベイでテストしても
良いタイムには至っていないんです。
まだまだ実力不足ですので
スーパーアタック攻略に向けて
再々度、ESも含めてテスト
していきます。

今後ともご指導よろしくお願いします。


色々と試されているんですね。
余計なことを書いてしまいました。

ベイ自体は分かっている人が組めば大差はないと思いますが、ES自体のガタとか関係ありそうですね。

最近の大会ではJBボトムに脅威を感じました。
あれは見た目と違って意外とスタミナありますからね・・・
WDで5分以上回るフレイムウィールで1回転位の差で勝った時は冷や汗ものでした。
形状的にQと同じと思ったのですが、見た目で判断してはダメですね。

> blankさん

中途半端なテストが多いと思いますので
色々と情報&アドバイスをいただけるのは
ホントにありがたい限りです。

JBは、全くノーマークでした。
商品自体(ロックエスコルピオT125JB)にも
全く魅力を感じていなかったので
購入もしておりませんでした。
早速テストしてみます。

ちなみに、フレイムについて
我が家のテストでの印象なんですが
単独持久で5分のベイを実戦形式での
持久時間(対持久&対アタック)
で比べた時に他のベイ
(リブラ、アース、ロックなど)に比べて
ダメージを受けやすい(持久時間が落ちやすい)
気がしています。
我が家でのテストなので自信が無いのですが
一般的にそういう傾向を感じられる事は
ありますでしょうか?


フレイムは賛否両論があるようですが、我が家はアース&フレイム愛用しています。旧リブラは大会使用は封印してあります。

フレイムは軽い分、はじかれやすいのが弱点ですけれどね~
スタミナの削りあいで特に不安になったことはないです。

でも、経験的にもフレイムでもかなり良いところいけますよ。

>blankさん

情報、ありがとうございます。
持久の選択肢としていつもフレイムを
入れてはいるものの、実戦で使った事が
なかったのでイマイチ自信が無かったんですが
確認が出来て助かりました。

今後とも許せる範囲で、
実戦でのアドバイスをいただければと
思いますので、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベイブレード 小ネタ 5 | トップページ | 2010 SLタマダ 2時間駅伝耐久 »