ブログランキング

  • 広島ブログのランキング 広島ブログ
    1日1回、ありがとうございます

リンク

  • 平塚寝装

    広島の手作り布団の店。 絹布団、綿布団、その他、 一つ一つ丁寧にお作り致します。。。 お手持ちの布団診断も 致しております。。 布団全般、お気軽に お問い合わせください。

« 先に相談をしていただければ・・・。 | トップページ | 家族にも »

2011年6月14日

枕の調整

枕の好みは、中身の種類や硬さ、高さなど、個人によって様々。
うちは、綿や絹の布団を手作りしているせいもあって、「そば枕」や「パンヤ」など天然素材の枕を求められる方が、圧倒的に多い。
天然素材の吸汗性や風合いを好まれるんでしょうか。
形やサイズなどの注文される方もあります。

今回は、パンヤの片面に薄くそば殻を入れた「半そば枕」の調整。
前にも作ってるんですが、ヘタって来たとの事で、再度の製作です。
本来、パンヤは、やわらかい綿のような繊維なので、ある程度しっかり目に入れて、最初のうちは張ってますが、しばらく使っていただいている間にやわらかくなって丁度良くなってきます。
ただお客様に事情があって、ヘタるまで待っていられない状況との事で、即ベストの枕作りです。
忙しいさなかではありますが、こういう仕事は、待ったなしで対応です。

まずは口を開けて、パンヤを出します。
(パンヤ綿は、細い繊維でフワフワ散らかるので、袋の中で作業しないと、回りが大変なことになります)Makura1600片面に入ったそば殻も抜いてくれとの事なので取り出します。
(最初からパンやのみの枕を使えば良い感もありますが、使い分けが出来るなど、意外と半そばを好まれる方が多いので、今はコレしか在庫がありませんでした~)
後は、パンヤ綿をしっかりほぐしながら適宜パンヤを詰めて行きます。
画像では、半分くらい抜いた状態かな。
更に量を調整して好い感じになったら口にミシンをかけて完成。
また調子が悪くなったら今回抜かせてもらったパンヤ綿を再度詰めて、調整しますからね。Makura4600
また好い感じで使っていただけるかな~。

ランキングアップ!やる気アップ!になります。
1日1回ポチッポチッとお願いします。

広島ブログ

« 先に相談をしていただければ・・・。 | トップページ | 家族にも »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 先に相談をしていただければ・・・。 | トップページ | 家族にも »