« 2011 綿の栽培 5 | トップページ | 遅ればせながら体育祭 »

2011年7月 6日

ベビー布団の話

前に書いたベビー布団の記事にコメントをいただいた。

内容は

「今は、乳幼児突然死症候群のリスクの一つが「柔らかい布団」「うつ伏せ寝」ということがわかり、母親学級などでもどこでも「ベビー布団は硬いもの、万一寝返りを打ってうつぶせになっても赤ちゃん(特に口元)が沈まないものを」と指導されます。
なので、あまりフカフカで赤ちゃんが沈むものは、初めて子供を迎える親の側も不安になることがあると思います。最近の指導なので、昔からの職人さんは今もフカフカがいいと思ってる人もいるのかなとか…。
量販店のはどれも硬めですが、ネットで綿布団など注文する際は実際に触って確かめられないので「大丈夫かな?」という気持ちはありますね。写真などで、新生児を乗せてどの程度沈むか見られればいいのですが、そういう写真が載っているところは見たことがないです。
親の側も自然素材を与えたいのはやまやまなので、何か、そういう不安を払拭できるような綿布団の作り方売り方があるといいのですが。」

というものでした。

あくまで、私的な意見としては、「綿の布団が、フカフカで沈む、それで困るというのが、不思議です。どう困るのか、聞いて見たい。昔も、もちろん、今も、綿の布団(きちんと仕立てをされた物なら)で全く問題ありませんよ」と、一言でお答えしたいところですが、コメントの内容から察すると、それでは安心して布団選びがしていただけないように感じました。

そこで、まずは私の地域の市民病院の産科に問い合わせをしてみました。
かなり大きな病院です。

問い合わせ内容
①妊婦さんへの母親学級などは、行われているか?
②ベビー布団について、どういう指導をされているのか?
③沈む(やわらかい)布団についてどういう内容の話をされているのか?
といった事を尋ねてみました。

回答
①行っています。
②ベビー布団に関して、特に指導はしていません。
沈むような、やわらかい布団という表現をするとすれば、「寝返りが打てない乳児期に親と一緒に寝ていて、何かの事で、寝返りを打ったような状態(うつぶせ)になった時に口をふさぐ事があってはいけないので、そういう時は、親御さんのベットや布団などが、柔らかすぎると良くないかもしれません」という話をするかも知れない(マニュアルにあるようです)。

というようなお話でした。

今日の段階では、時間がなくて、その他の施設、機関への問い合わせが出来ませんでしたので、沈むベビー布団の話はありませんでした。引き続き各方面に確認を続けて見たいと思っています。

結論から言えば、綿のベビー布団を見て、触っていただくのが、一番なのですが・・・。

ただ、何とか綿のベビー布団の感じをお知らせしたいと思いまして、うちの子の布団に寝ている写真を探しましたが、上手く布団に寝ている画像がありません。
そこで、日頃、大変お世話になっている友人(みやっちさん)の昨年の10月に誕生の愛娘、瀬那ちゃんの写真をお借りすることが出来ましたので、綿のベビー布団のイメージが少しでも感じていただければと思いアップさせていただきます。

もちろん綿のベビー布団を使っておられます。

サイズは、85×130 (普通のサイズですが、70×120 のベットにもピッタリ合います)
綿は、メキシカリ(米綿)とインド綿をミックスした綿を3kg。

瀬那ちゃん
生後6日(布団使用初​日)、約3000グラ​ム、約51セン101006009生後6日(布団使用初日)、約3000グラ101006011生後7日(布団使用2日目)、約3000グラム101007003生後2ヶ月31日、約​5600グラム101231005​生後5ヶ月16日、約​6700グラム110317014生後5ヶ月16日、​約​6700グラ110317015現在は、8ヶ月も過ぎて、つかまり立ちをされているとの事。
ベットは仕舞われて、畳に布団を敷いて使用中。

出来上がりは、もちろん新綿(更に製綿してすぐの物)ですからフカフカで良い状態でしたした。
いかがでしょう?
特に使い始めの写真(上の3枚)は参考になると思います。
どれ位を沈むと表現するのか分かりませんが・・・。
沈んでいますでしょうか?
困りそうな状況はありますでしょうか?

仮に柔らかめの綿である米綿(メキシカリ)だけで仕立てても、綿の状態にもよりますが、さほど変わらないと思います。

どうしても私自身は、綿の布団で沈む、困る、という感じが理解できないでいるのも事実です。

みやっちさんからも困ったというような話は聞いてないので、順調に使っていただいてるのだと思っています。

また私事ですが、うちの長男は、2240gで、ちょっと未熟児で生まれてきましたので、しばらく入院して、2600gになってやっと退院。多分、標準より小さく、母乳もなかなか上手く飲めなくて、動きもぎこちない状態で、米綿(メキシカリ)のベビー布団を使いましたが、特に問題もなく成長して、現在に至っております。

ちょっとそれますが
ベビー布団は、おしっこや乳児のゆるいウンチが漏れたり、乳を吐いたり、基本的に汚れます。
その為にバスタオルや薄い敷く物を使っていただいて、漏れたら布団にしみる前に上をはがす!のが、布団と上手く付き合うコツです。そして、赤ちゃんは、たくさん汗をかきます。布団はしっかり干す(乾燥させる)。その後、叩かずに掃除機をしっかりかけて下さい(綿の布団は叩いたらダメです)。
布団に汚れがしみてしまっても処置をちゃんとしていただければ、よほどヒドくない限り大丈夫です。処置は色々とありますので、問い合わせてください。

昨日の今日なので、なかなか良い記事にはなりませんでしたが、少しでも参考にしていただければ幸いです。
引き続き、参考にしていただける物があれば、アップしていきたいと思います。

ご協力いただいた瀬那ちゃん&みやっちさん、ありがとうございました。

.

ランキングアップ!やる気アップ!になります。
1日1回ポチッポチッとお願いします。

広島ブログ

 

« 2011 綿の栽培 5 | トップページ | 遅ればせながら体育祭 »

コメント

布団のフカフカ状態、感じ方に個人差があるから難しいですね。
個人的には何の不具合も感じておらず、おそらく瀬那も気持よく寝ていると思います。

今後、サンプル写真などで撮影が必要になれば言ってください。
タイミングの良いことに、知人のお子さんで生後2ヶ月~9ヶ月まで何人も居るので
出来る限りの協力をさせていただきますよ。

>みやっちさん

今回は、色々とありがとうございました。
過去に不具合や不安などを言われた事がないのが正直なところなので、不安を解消していただけるよう少しずつでも頑張って見ます。

知人のお子さんの布団事情なども聞いて見たいところです。
またお願いをする事があるかも知れませんが、よろしくお願いします。

はじめまして、こんにちは!
3月に出産を控えてるものですが、
親戚が綿のベビー布団を仕立ててくれてやっとベッドにセット出来たのですが、やはり私も沈みが気になり色々調べていた際に、こちらのブログにたどり着きました。和布団のメリット、デメリットは色々調べて把握してたつもりですがいざ届いてセットした時にほんとにこの柔らかさで大丈夫なんだろうかと心配になりました。
しかしブログを拝見して寝ている赤ちゃんの画像をみて安心しました。
大分前のブログなので返信いただけるかわかりませんが、新生児に綿の掛け布団は重すぎるという事はありませんか?

>むっさん 様

はじめまして、コメントありがとうございます。
ご出産を控えられて何かとご心配も多いものですよね。
綿100%のお布団は、適正量きちんと綿が入っていれば(大事です)、
しっかりと床(とこ)が出来て、身体を支えてくれるものです。
年間、何組もベビー布団をお仕立てしますが
皆さん一様に実感して喜んでいただいております。
厚みもしばらく使っていただいているうちに落ち着いてきますしね。
掛布団の件ですが、どれくらい綿の量が入っているか
分からないので、極端な場合は何ともお答えしかねますが
通常であれば、全く問題ないと思います。
私は、子育てされる環境や考え方にもよりますが
中綿が1kg程度で入れております(ベビーのサイズにもよりますが)。
最近は、住環境が昔に比べると良くなっていますから
軽めに入れております。
先日もベビー布団を納品しまして、昨日、追加の注文分を納品
生後6日目の赤ちゃんですが、掛布団もしっかり
使っていただいておりました。
「良く寝てくれます」と喜んでおられました。

市場には、綿のベビーのように作ってあっても
ポリエステル綿が入っていたり(柔らかすぎてスカスカ
汗も吸わない)
十分に綿が入ってなかったり(しっかりした床が出来ない
寝心地が悪い、すぐヘタる)するものもあって
残念なものもありますが、
ちゃんと仕立てた綿のベビー布団は
赤ちゃんに本当に優しくて、最高のものだと思います。

赤ちゃんのためにもしっかりメンテナンスをしながら
使ってくださいね。

ほかの記事にも書いておりますが
丸洗いは、絶対にしないでください
干す、と言うのをよく言いますが
乾かす(水分を抜く)と言う風に考えてください。
この時期、気温が低いので、外に干しても乾きません
布団乾燥機をマメに掛けてあげるほうが
オススメです。
その後は、ホコリりが気になれば
叩かずに掃除機を掛けてください
布団を叩くのは、ホコリを作ってしまう行為だし
綿の劣化にもなりますのでやめてください。

まだまだ、コメント欄では書ききれないほどありますが
これくらいで・・・。

お布団の事
分かる範囲にはなりますが、ご質問やご相談には
出来る限りお答えいたします。
リンクにあります「平塚寝装」のHPから直接メール
をしていただくか、お電話でもかまいませんので
遠慮なくお問い合わせください。

長文、ご容赦ください。

お体を大切にして、元気な赤ちゃんがお生まれに
なりますよう
お祈りしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011 綿の栽培 5 | トップページ | 遅ればせながら体育祭 »