ブログランキング

  • 広島ブログのランキング 広島ブログ
    1日1回、ありがとうございます

リンク

  • 平塚寝装

    広島の手作り布団の店。 絹布団、綿布団、その他、 一つ一つ丁寧にお作り致します。。。 お手持ちの布団診断も 致しております。。 布団全般、お気軽に お問い合わせください。

« 2014 綿の栽培 7 | トップページ | タチバナ 3 »

2014年7月 5日

残念~相談してもらっていれば・・・。

久しぶりの記事になりますね。
毎日バタバタですが、頑張っております。

今回は、残念なケースのご相談があったので
記事にしておきます。

変な意味ではないんですが、
うちにもご相談をいただいていれば・・・。
という話です。

電話でのご相談をいただいたのは
「ウール(羊毛)の敷布団の側生地が傷んだ(破れた)のですが
交換できますか?」
という事だった。
単純に側生地だけを交換する事(中身をいじらずに生地のみ交換)は、
状態によって仕上がりに差は出るものの殆どの場合可能です。
(出来ない既製品もありますが・・・)

更に布団の状態など、話を聞いていくと
他の寝具店に一度出されていいる。
その際にその店で、中身を出してバラバラにしておいて
「出来ないから作った所に出してくれ」と
返されたとの事・・・?

中身は2種類に分けてある・・・固綿とウール混か?
バラバラの状態も良く分からなかったが
一応、そういう言う話だった。

そもそもバラバラにしておいて、
出来ないから返す・・・ありえないですよね。
最初に出された店名を聞いてみると・・・
まぁそのレベルだなと・・・。

とはいえお客様がお気に召したお布団のようでしたので
出来る範囲であれば何とかしてあげたい。
取り急ぎ、現物を持って来店される運びとなった。

さてバラバラにされたという布団の現物は・・・。

想像と予測から
まわりの綿を丁寧に剥がしてあれば
多少の希望もありましたが・・・。
目の前にあるのは、乱雑に剥ぎ取って
どう見てもそのままでは仕立てられない状態の綿・・・。
質を見る・・・。
ウール混との事でしたが・・・。、
ポリエステル 100% と言っても良い化繊綿。
クタクタになった、細くしたウレタンをまとめたような芯。

元は、おそらくこんな感じの物と推測。
画像は、ほかのお客様で、過去に打替えをして欲しいと
持って来られた敷布団です。
Type14
この敷布団も一応ウール(Wool)という文字が入ってました。
これもほぼポリエステルでしたが・・・。
同じ物かも知れません。
Type13
側生地が破れていれば、化繊だということはすぐにわかりますし
破れてなくても触った時に中身が綿でないのはすぐにわかるはず。
中身を確認すれば、一目瞭然です。
この布団は、もちろん綿の布団のように打替えは出来ません。
お客様も綿のお布団をご希望でしたので、
こちらは処分して、綿100%で、新しく作らせていただきました。

話は戻りますが
持って来られた布団の残骸。
さすがに
このままで、まともに仕立てるのは難しい。
うちでは、化繊 100% や ウールの打替えは
出来ませんので、現状ではどうにもなりません。

今回ご依頼の布団、側生地だけ替えるのなら
バラさない方が正解たと思います。
お客様のご依頼からすると
単純に破れた側生地を外して、
中味のサイズに合わせて生地を縫って
合わせで仕上げれば出来上がります。

ただ、
バラしても出来ないことはありません。
手間を掛けて丁寧にバラす。
まわりの化繊綿を大型の機械で打替。
芯のウレタンを処理。
(クタクタでモロモロになっているので
平滑になるように調整処理・・・元には戻らないので
綺麗に直すのは無理かな)
煩雑にはなると思いますが仕立て&仕上げ。
しかし
”ウレタンの芯&ポリエステル”の布団なので、バラして
お金を掛けて直すより新しく買われた方が安く付く場合も
考えられます。

と、色々と書きましたが
最初の段階で、お客様の話をちゃんと聞いて
きちんと見極めて作業していれば
今回のお客様のお布団もあまりお金を掛けずに
お客様がご希望の形での修理ができたと思います。
お気に召しておられた布団との事だったので
非常に残念です。

何も考えずに預かって、適当にやろうとした事が
間違いなのです。
そういうお店(業者)が多いのが現状なんですが・・・。

考え方や経験の問題だと思います。

失敗しない為にも
色々な所で話を聞いてみる事も
大切だと思います。

いつも、ありがとうございます!
励みになっております。

広島ブログ

3000円が当たるチャンスあり!

« 2014 綿の栽培 7 | トップページ | タチバナ 3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014 綿の栽培 7 | トップページ | タチバナ 3 »