ブログランキング

  • 広島ブログのランキング 広島ブログ
    1日1回、ありがとうございます

リンク

  • 平塚寝装

    広島の手作り布団の店。 絹布団、綿布団、その他、 一つ一つ丁寧にお作り致します。。。 お手持ちの布団診断も 致しております。。 布団全般、お気軽に お問い合わせください。

« こんな仕立て方もあります | トップページ | 婚礼布団の仕立て替え »

2017年7月 3日

生地を再使用して仕立て替え

かなり久しぶりの投稿です。
相変わらず頑張ってお仕立てをしております。
梅雨の時季は、普段以上に湿度に気を使うので、
仕事の方も遅れがちになってしまいます。

さて、今回ですが、
側生地をそのまま使っての打替え仕立てです。
元の生地を使えば、生地代がいらない分、安くなりますのでお徳です。
うちは手間が掛かって儲かりませんが・・・。
お預かりしたお布団ですが、
ポリエステル混の綿が入っておりましたので
打替えに関しては、ひと手間かけてあげないといけません。
お客さまとの相談に合わせて打替えていきます。
まずは、綿を外して生地をばらします。
169u1
いつもの作業ですが、一枚ずつ状態を確認しながら全てバラしていきます。
その後、生地はそれぞれ洗ってから注文のサイズ、仕様に縫製。
洗いもクリーニングに出したりはせずうちで洗います。
クリーニングに出してしまうと、縮みの問題や布団としての
風合いなどなど、全く無視した状態で返ってくるので
時間をかけてうちで作業をしています。
綿も前述の通り各種あったので、それぞれ打替え。
そして綿入れをして、仕上げとなります。
綿入れもご相談させていただいた綿の使い方で入れてあります。
掛けは、元より軽く合掛け程度。
良く勘違いをされてる方がおられますが
「化繊(ポリエステル)を入れる事」と「軽くする」というのは
別問題です。
化繊を入れたからといって、軽くなるわけではありません。
重さに関しては、あくまで「仕立て方(綿の量)」の問題です。
169u2
右上の黄色い掛布団は新しい生地をしようしています。
お客様それぞれに合わせたお仕立てとなります。
最近では、本来の布団の仕立てをするお店が殆ど無くなっています。
高額な仕立て代を取られたり、
綿100%の良い綿に化繊(ポリエステル)を
勝手に混ぜて打替えをしたり
中綿をすり替えて納品されていたり(別の布団というべきか)
(いづれも今に始まった事ではないですが・・・)
羽毛布団にしても様々な問題はあります。
何事もそうですが、失敗しないようお店選びは大切ですね。

いつも、ありがとうございます!
励みになっております。

広島ブログ

« こんな仕立て方もあります | トップページ | 婚礼布団の仕立て替え »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こんな仕立て方もあります | トップページ | 婚礼布団の仕立て替え »