ブログランキング

  • 広島ブログのランキング 広島ブログ
    1日1回、ありがとうございます

リンク

  • 平塚寝装

    広島の手作り布団の店。 絹布団、綿布団、その他、 一つ一つ丁寧にお作り致します。。。 お手持ちの布団診断も 致しております。。 布団全般、お気軽に お問い合わせください。

« ハギレ座布団 | トップページ

2017年7月 8日

手間隙かけて、敷。こたつ、小座布団

今回ご紹介するのは
敷布団、こたつ掛、小座布団の
打替え、仕立て替えです。
相当に手間が掛かっております。

お預かりしたのは
敷布団
これは中綿は、綿100%ではありますが
あまりに古すぎて使用されないほうが良さそう。
こたつ掛
こちらは中綿にかなり化繊(ポリエステル)
が混ざっていて更に古い・・・。
あと古い生地と着物地。

これを敷布団。こたつ掛、小座布団にというご注文。
基本的にはお預かりした布団(綿)や生地を使って
のお仕立てという内容・・・。
全体の状態から言えば、ちょっと苦しい感じですが
「生地やお布団自体に思い入れがあって
何とか使いたい」
との事なので、頑張らないといけません。

まずは、敷布団。
元の生地をいつものように解いて洗います。
かなり痛んだ状態なので、解くのも洗いも
神経を使います。
その後、薄くなっている部分やホツレ、破れなどを
一つずつ裏から補修していきます。
(補修の仕方は様々なので補修の一つです。
数がありすぎて全部はとても撮れませんでした)
161023b1
綿の方は、さすがに打替えだけでは弱いので
新綿を1/3ほど足し綿をします(もちろんご相談の上です)。
打替え方は任せていただいたので
力技で使える状態にしました。
と言っても普通に打替えするんですが、
今回、小座布団の綿は、お預かりした綿の量では足りません。
こちらでサービスでご用意することになっています。
なので、うちでストックしている綿を打ち込んで打替えをしました。
打ち込んだ綿の方がはるかに良い綿なので
元の綿に比べると見違えるような綿になっております。
そして、綿入れ、仕上げていきます。
布団のサイズ、綿の量は同寸同量(74×185 約3kg)
とのご注文で、シングルの換算で言えば、7割程度となります。
お預かりした時点の写真が無いのが残念・・・。
161023b2
こたつ掛
こちらも中綿を出して生地をバラしていきます。
元の表地は破れもあり、かなり痛んでおりましたので
慎重に解きます(返却予定なので、これ以上痛めないように)
裏地は再使用するので洗いへ。
縫製ですが、表地は以前、他のこたつ掛に使っておられた
という生地をお預かりしておりますので、その生地のハギレ
とともに元寸になるように調整しながら用意。
裏地は、洗い(色々と工程があって時間が掛かります・・・)
の後に一緒にお預かりしたハギレを継ぎ足したり
こちらも調整しながら準備。
で、注文のサイズや形に縫製します。
中綿ですが、かなり化繊が混じった古い綿なので
こちらもストックの綿を混ぜて打替え。
綿入れ、仕上げとなります。
161023b4
小座布団
これはお預かりした生地を縫製。
敷の打替えで作った綿を入れて仕上げ。
カドのフサは付けないとの事でしたので中トジのみです。
ちなみに
座布団の表・裏は「中トジが出てる方と出てない方」
と言う風に紹介してる場合がありますが、
製作する立場から言えば表にも裏にも基本的にはトジ(フサ)
は付けますので、それでは判断基準にはならないと思います。
縫い目で見るのが一般的ですね。
話がそれましたが
161023b3
家内と二人で書ききれないほど作業はしておりますが
ザックリご紹介。
今回は、全部で3万円弱でした。
(洗い、打替え、足し綿、各仕立て代)
手間と時間を考えると・・・。

絹や綿で新しく各種のお布団を仕立てたり、綿がちゃんと使えて
打替えして新しい生地で仕立てたりと仕事は様々です。
ブログでは、ちょっと手が掛かったり、こんな事もできます。
見たいな仕事を中心にご紹介しています。

寝具の事について何かございましたら
遠慮なくご相談ください。
掛け値なしの正直なお話ができればと心がけております。

お布団のご相談は
手作り布団の店
平塚寝装

いつも、ありがとうございます!
励みになっております。

広島ブログ

« ハギレ座布団 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハギレ座布団 | トップページ